6畳1Kの薄暗いマンションで暮らすうさぎっぽい人と犬達のぐだぐだな日々。
<< 今日もワクチン打てず… main クッキー焼きました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - |
いぬばか
某大型スーパーに買い物に行ったので、そろそろ新刊出たかな〜と、本屋を覗いてみたらあったハート



16巻も面白かった〜。

愛犬の去勢について、繁殖について、躾について、色々考えさせられた。

『孫が見たい』とかいう安易な気持ちで繁殖させるのはほんとやめて欲しい。
特にペットショップで購入した犬やルーツのわからない犬は。

純血種なら『血統書』というもので、両親やその前の犬の名前や毛色や肩書きはわかるけど、その犬がどんな犬だったかまでは書かれていない。


私も以前はノアは血統(先祖の肩書き)がいいし可愛いから、できればノアの子供が欲しい、いつか環境が整ったらお嫁さんを迎えて繁殖させたいと考えていたけれど。

今はそんなこと思ってない。

本音は、やっぱりノアジュニアは見たいし欲しいけど。

でも病気になっちゃったし。
体質的なものもあるだろうから、もし子供に遺伝したらと思うと、できない。
(病気以前にサイヘルで弱オーバーショットなんだけどあせあせ)

病気になるかもしれない仔犬を他人に譲るなんてできないし。
でも何匹生まれるかわからないけど3匹以上だったら全部手元に残すのは難しいと思うし。

もし子供達も病気になってしまったら、経済的にも厳しいだろうし、何より子供達にノアと同じ辛い思いをさせたくないから。

だから、今膀胱にある石が全部溶けて落ち着いたら、去勢しようと考えてる。

繁殖はさせないと決めたし、老後の病気予防も兼ねて。


健康な体にメスを入れるなんて可哀想、自然のままでいさせてあげたい、とも思ってた。

けれど、ノアと暮らして、色々な犬飼いさん達と交流したり、勉強したりしているうちに、人に飼われている時点でそれは自然の状態ではないと気付かされた。

可哀想だと思うことがエゴなんだ。

生殖本能が残ったままなのに、繁殖させてもらえないことのほうがよっぽど可哀想だ。


その点は、ノアは室内1頭飼いだし、散歩にもほとんど出なくてメス犬と接触する機会もほぼ無いから大丈夫と思っていたけど。

マーキングもたまに足を上げてトイレでするだけで、そこらじゅうにひっかけたりは無いし、散歩中にすることも無いから、困ることは何も無いんだけど。

やっぱり、病気予防という点を考えて、しておこうと思う。
泌尿器の病気になって、そう思った。

生殖器の病気だって、ならないとは限らない。
手術をしておけば予防できるんだ。

って、前にもだらだら語ったけどねw

太りやすくなるっていうデメリットは、飼い主がちゃんと管理してあげればいいことだし。

タマがついてるのにデブデブな犬はいっぱいいるもん。
去勢するしないじゃなくて管理の問題。

うん。


まぁ、別に避妊・去勢を奨めるつもりはないし、判断するのは飼い主だと思うんだけど。

もしも愛犬を外に連れ出す機会が多いのなら、できれば不妊手術は済ませておいて欲しい。

よくよそ様のブログを見てると平気でヒート中の子やヒートが終わったばっかりの子をドッグランに連れて行く人が居るんだけど。

出血は止まっても暫く匂いは残るんだよ。

未去勢のオス犬にとってはものすごいストレスだよね。
いい匂いがするのに…

メス犬にとってもオス犬がわらわら寄ってきてストレスになるんじゃないかなと思う。

不妊手術をする、しないは飼い主の判断だと思うけれど、していない犬をシーズン中に平気でランに連れて行くのはちょっと(どころじゃなく)モラルに欠けているかなと思った。

シーズン真っ最中で、何か間違いがあっても困るし。
明らかにメス犬の飼い主が悪いけれど、オス犬の飼い主が責められるのが現状。

だからオスも、繁殖させるつもりがないのなら、余計なストレスやトラブルを避ける為に去勢しておいたほうがいいと思うなぁ。

うん。

あくまで個人的意見だけどね。

このコミックスにもあったけど、オス犬が我を失ってメス犬のほうにダッシュして、車に撥ねられるっていう事故も少なくないみたいだし。

小型犬ならまだしも、中型以上になると飼い主も巻き込まれる可能性、あるよね。
愛犬がいきなりものすごい力でリードを引っ張ったら…その場ですぐに制御できますか?

2回目になるけど、別に奨めるつもりはないし、判断するのは飼い主だと思う。

けれど、『ペット』『家族』として一緒に暮らすのならば…
お互いのストレスを軽減するためにも、できるだけ長く一緒に居るためにも…避妊・去勢はしたほうが良いと、私は思う。


確かに、健康な体にメスを入れるのには抵抗があると思う。

サニーは庭に出すし、散歩にも出るから、避妊をした。
術後の痛々しい姿を見て、とても申し訳ない気持ちになった。

けれど、私達と暮らすためには必要な手術。
手術をしないで、望まれない妊娠をさせてしまうほうが可哀想。

手術をしたおかげで、今サニーは実家で幸せに暮らしている。

今でも、思い出しては申し訳ない気持ちになるけれど。
でも、必要なことだったと思う。

辛い思いをさせてしまった分、幸せにしてあげればいい、してあげなきゃと思う。

…って、話がズレまくっちゃったけど(汗


繁殖に関してだけじゃなく、色んなことを深く考えさせてくれる。
でもコメディ。時々ずしりと来るけど、基本、重くない。

全ての犬飼いさんと、これから犬を飼うかもしれない犬好きさんに読んで欲しい。
そして楽しみつつ、しっかりと考えて欲しい。

そんなマンガです。

そこらの飼育書よりよっほどためになると思うな。
ツッコミどころもけっこうあったりするんだけど(^^;


表紙がちょっとアレなんで、買いにくいかもだけど、中身はほんと面白いんで!w

別に集英社の回し者ではないけれど、このマンガはマジでオススメします。
私が唯一楽しみに、愛読しているマンガです。


にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ


| ボヤッキー | 23:48 | - |
スポンサーサイト


| - | 23:48 | - |
 
書いてる兎
同居してる犬

※わんこ達の詳細はコチラ
お品書き
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
最近書いた事
最近のコメント
リンク

ランキングとか
にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

にほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 自己満足へ

blogram投票ボタン



***


1日1クリックお願いします!

動物虐待は犯罪です

愛するペットのために私達は何をしてあげられるのでしょうか

記事を探す
Sponsored Links